アップル 新CM「Accessibility Sady」編が公開

アップルの最新CM「Accessibility Sady」編が公開されました。

CMではハンディキャップを持った方がiPhone、Apple Watch、Macなどで生活が豊かになっている様子が映し出されていますね。

iPhone、Apple Watch、Macなどのアップル製品は例えば手が使えない、声が喋れない、目が見えないなどのハンディキャップがあっても、声で指示を出せたり、ビデオ通話で手話で話せたり、キーボード以外の入力方法でMacを操作できたりと障害を持った方でも使えるよな工夫やユーザビリティがありますよね。

最近では健常者でもsiriなどに声で指示を出して操作をしたりなど、スマホやパソコンの操作方法自体が変化していっていますよね。

アップル製品はシンプルで簡単に操作できる方法を常に提案してくれますよね。

わたしも指を怪我したときにiPhoneのボタンを押すのが痛くて、アクセシビリティ機能を使って大変便利でしたよ。

Apple – Accessibility – Sady